「入札締切後に、指値減額処理を行い売買を成立させる」機能のリリース

2020/06/29

お世話にっております、Sオク事務局です。
売主様の要望により、下記の機能を7月1日から実装することにしましたので、ご連絡となります。
ご確認いただきますようお願いします。

尚、7月1日以降の入札締切商品ですでに入札がある場合は、買主様の保護のため入札を取消しを行います。

【指値減額処理を行い売買を成立】
<現状>
売主様は、これ以上の金額でないと売却したくないという金額(スタート価格)を設定できます。
買主様は、スタート価格未満での入札ができません。

<今後>
売主様は、これ以上の金額でないと売却したくないという金額(以後、指値)を設定できます。
買主様は、指値未満の金額でも入札可能となります。
入札締切後に、売主様は入札状況をみて、指値を減額して売買を成立させることができます
*指値減額処理の方法については、「マニュアル P.18、P.19」をご確認ください。
 ➡︎ マニュアル
*利用規約も変更しておりますので、こちらをご確認ください。
 ➡︎ 利用規約

【本機能を実装した背景】
すでに出品いただいている会社様、会員を検討されているメーカー様から、
①総ての数量が処理できるようであれば、指値を減額してでも売却したい
②小売業で通常販売されている商品の場合、既存の取引先との関係から指値を極端に低くして出品することができない
という要望を複数の会社様からいただきました。

現状の指値未満での入札ができない仕様ですと、上記のような売主様の要望に応えることができないこと、買主様にも売主様の指値未満の金額で購入する可能性ができることから、売主様と買主様の双方にメリットがあると判断し実装することにしました。

今後も、過剰在庫をフェアに売買できる場を提供できるよう仕様を変更することもありますが、何卒ご理解いただきましたら幸いです。